よくある不具合について

今日はよくあるパターンの不具合について書こうと思います。

パターン① 蛇口のお湯がぬるい
よく給湯器の問題だと勘違いするのが蛇口の不具合です。特に浴室のサーモスタッド付き水栓の故障で、サーモがうまく効かず水が混ざりすぎて設定温度より低い水が出る現象です。
この場合、応急処置としまして壁付きタイプの水栓であれば、蛇口の根元の水の止水をマイナスドライバーで完全に閉めて水を混ざらなくすることでひとまず解決します。
一ヶ所の蛇口だけリモコンの設定温度までお湯が温まらない場合は蛇口を疑いましょう。

パターン② 循環金具から水が出る
ふろ給湯器が古くなるとたまに起きるのが循環金具からチョロチョロと出る水です。結構これを気にしている方が多く、皆さん循環金具が原因だと思っていらっしゃいますが、これは給湯器の問題です。

給湯器自体の修理が必要です。循環金具を交換する必要はありませんので皆さん業者に騙されないようにしましょう。

The following two tabs change content below.
大澤 鉄舟

大澤 鉄舟

事業部長の大澤です。普段は事務所にいることが多く主にウェブサイトの構築を行っています。入社して今年で15年目になります。 特にこれと言った趣味はないので休みの日は子供との時間が全てです(笑)
大澤 鉄舟

最新記事 by 大澤 鉄舟 (全て見る)