夏休みの海水浴

  川遊びを楽しんだ翌日は、瀬戸内海の海に海水浴に行った。昨晩の雨はすっかりやんでいて、雲は少しあるものの海水浴日和だった。毎年こちらの海で海水浴するのに、海水浴場の徒歩圏内に住む嫁の親戚にいつもお世話になっている。

  朝9時過ぎに出発し、10時ごろに現地に到着。現地での休む場所取りや、駐車場の場所取りをしていただいたので、スムーズに入ることができた。今年はいつもよりお客さんがいたが、朝の6時前から特等席を取っていただいた。本当に感謝、感謝です。

   子供も大人も着替えていたので早速、親戚の子供達と海で遊んだ。親戚の子供達は年に一度しか会わないので、いつの間にか大きくなっており、去年までは人の顔をじぃーっと見るだけで何も話さなかった女の子が、たくさん話してくれてとても成長を感じた。うちの子供達は、前日の川の水温より高かったので震えることもなく楽しそうに遊んでいた。

  帰りに子供達に川と海とどちらが楽しかったか聞いてみたら、川が楽しかったと言っていた。理由を聞くと、海はしょっぱいからだそうです。確かに川の方が体がベタベタにならないし、荷物に砂などが付かず、後片付けも楽だから親としてもそっちの方が良いかなと感じた。また来年もまたこのパターンで遊ばせてあげたいなと思った。そんな夏休みの1日でした。

0
The following two tabs change content below.
菅原 登志男

菅原 登志男

菅原 登志男

最新記事 by 菅原 登志男 (全て見る)