趣味が無い

   私には、趣味と呼ばれるようなものがありません。昔は、草野球をやったり、釣りに出かけたりしていました。しかし、結婚をして子供が生まれると、パッタリやる事がなくなりました。

   草野球は、高校卒業後に地元の人たちと、ゆるい感じでやっていました。練習という練習はなく、大会や練習試合などの実戦ばかりやっていました。それこそ10代〜20代の頃は、そこそこ打って、そこそこ走ってとまだまだ若かったのでそれなりに出来ていました。しかし、30代を過ぎたころ、仕事の都合で欠席をするようになり、たまに出席して試合に出してもらってもなかなか足が付いて来ず、ガッカリするようになってきました。内野を守らせて貰っていたのですが、守備範囲が狭くなり、また肩も弱くなってきました。打って走っても直ぐに息が上がってしまうようになりました。ランナーで出塁して、次の打者が長打を放つと文句を言いながら走ったものです。当時はタバコも吸っていたので、体力がないのは全てタバコのせいにしていました。

   そんなこんなで日曜日の仕事が増えたりして足が遠のき辞めてしまいました。今となっては懐かしい思い出です。

0
The following two tabs change content below.
菅原 登志男

菅原 登志男

菅原 登志男

最新記事 by 菅原 登志男 (全て見る)