釣りのはなし3

   今年の子供の夏休み中、私の平日休みがありました。予定もなかったので、前もって「どこか行きたいところがあれば、連れて行ってあげるから言ってみな」と話すと、「釣りをやってみたい。ザリガニじゃなくて、魚が釣りたい」とのこと。

   まじか。それならば、久しぶりに釣りを始めよう。では、どこで何を釣るか決めよう。子供と行く程度なので、浦安にハゼを釣りに行くことに決めた。まずは道具から。家の近くの上州屋で、自分用の7尺、子供用の5尺の安い振り出し竿と、子供がどうしてもリールが巻きたいというので、これまた安いリールと竿のセットと仕掛けを購入。昔からリールと竿のセットはあったけど、黒一辺倒だったのに、今はいろんな色があったことにびっくりした。その中でも赤を買った。

    行く日は決まっているので、その日の潮を確認するとあまり良くない。お昼前が満潮でした。午前中が勝負です。子供も飽きるだろうからちょうどいいかも。

    当日は自転車ではなく車で行った。近くの公園の駐車場に車を停め、いざポイントへ。子供の仕掛けを用意して釣り方を教えた。自分の分を用意している間にもう子供が釣り上げた。そのハゼを取ってやり、また自転車用意をしていると、また釣り上げた。その繰り返しでなかなか自分は釣りができなかった。

   なんだかんだで、2時間ほど釣っていた。二人で50匹以上釣り上げ、小さなハゼはリリースして残りを家に持ち帰って、自分でさばき、天ぷらにして美味しくいただきました。食べながら母親に今日の出来事を一生懸命に話しているのをみて、微笑ましく思いました。来年も行く約束をしました。その時が楽しみです。

0
The following two tabs change content below.
菅原 登志男

菅原 登志男

菅原 登志男

最新記事 by 菅原 登志男 (全て見る)