腰痛

今日は、給湯器の交換を行いました。壁掛けの無線リモコンタイプの追い焚付給湯器の交

換です。現場の敷地自体は狭くないのですが、設置場所があまり広くはなく、約40~50cm

程の場所でした。そんなに高い場所ではなかったので、特に気にせずに作業を行いました。

給湯器を外し、そのまま車まで移動。設置場所から車まで運び、給湯器を地面に下ろそうと

した時、なにやら腰に違和感が。「まずい。このままだと腰をやってしまう。」と思い、慎重に

ゆっくりと膝からかかんで給湯器を置きました。片膝をつき、ゆっくりと立ち上がろうとすると、

腰が痛くて立てなくなりました。「またか。」

私は中学生位から腰がよくありません。疲れが溜まると、何となく痛いなという時が結構あ

りました。そして、数年前にとうとうギックリ腰になってしまいました。その時は、前日からすご

い痛みで、振り返るのもやっとでした。ただ、立てないとかではなかったので、いつもの様に

翌日になれば回復するだろうとシップも貼らずに楽観視していました。ところが翌日の朝、腰

が痛くて目が覚めてしまい、布団から立ち上がるのに1時間かかりました。その間、ものすご

いうめき声をあげてしまいました。もちろんその日から4、5日は仕事にはなりませんでした。

その日以来、疲れが溜まってきたなと思ったら、整体やマッサージを受けるようにしていま

す。それだけでも全然違います。

今日は大事には至らなかったですが、そろそろ行かなきゃなと思った一日でした。

0
The following two tabs change content below.
菅原 登志男

菅原 登志男

菅原 登志男

最新記事 by 菅原 登志男 (全て見る)