!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> エコジョーズとは?|激安価格でガス給湯器交換・取替
>>ガス給湯器TOP >>エコジョーズとは

エコジョーズとは?

高効率
今まで捨てられていた排気熱を再利用することで、従来では80%程度だった熱効率が95%まで向上。従来捨てていた約200℃の排気ガス中の熱を二次熱交換機で回収する技術で熱効率を飛躍的に高めます。(コンデンシング技術といいます) これまでの家庭用給湯器では、使用するガスのうちの約20%が放熱や排気ガスとして無駄になっていました。
※熱効率は機種により異なります。
節約
ガスの使用量が減ることは、さらにランニングコストの低減にもつながります。給湯器の寿命は平均で約10~13年といわれています。つまり長い目でみると単純な商品価格だけでなく、長期にわたってかかるランニングコストが重要になってきます。購入するときの価格に惑わされることなくトータルコストで考えることがコスト削減につながります。
環境性
コンデンシング技術によってガスの使用量が減ることは二酸化炭素CO2の削減につながります。 コアラが食べることで有名なユーカリの木に例えた場合、年間なんと14.6本分のCO2削減効果に値します。
 
 
熱効率がアップすることで、給湯に必要なガス使用量が約13%削減。つまり、ガス料金も13%分減らせます。従来型と同じだけのお湯を使っても、年間約10,000円の節約になります。そして、各都市ガス会社ではメーカーに協力しエコジョーズ普及に力を入れており、各ガス会社ごとにキャンペーンを行っています。ガスペックでもエコジョーズ促進キャンペーンなどで、できるだけお客様にエコジョーズをお求め易い金額にてご提供しております。ガスペックではエコジョーズ導入の初期費用を限界まで下げることが可能です。従来型との差額を最短2年程で回収できることもございます。

ドレン排水工事について

エコジョーズから排出される酸性凝縮水については、機器内部で中和されてもエアコンのドレン水のように開放の垂れ流しは認められておりません。 施行基準として、戸建の場合は雨水・排水マスか雨水側溝までの排水管新設が義務付けられています。 マンションの場合は、ベランダ・バルコニーの外壁設置の場合だけがエコジョーズの設置が可能となります。 通路側パイプシャフトに給湯器が設置されている場合は原則不可能となります。 施行基準としては、パイプシャフト内のドレン専用立て管か、排水立て管へ新規接続するか、通路片廊下側溝まで廊下に溝を掘り、排水管を埋設すれば良い事になっていますが、ドレン専用管はマンション新築時に施工していなければ存在しませんし、排水立て管に穴を開ける工事や廊下(通路)の防水処理を切ってしまう事になる排水管埋設工事などは、マンションの管理規定等により認められる事はまずありませんので、エコジョーズ設置は不可能となります。 以上によりマンションの場合はベランダ・バルコニーの側溝までドレン排水管新設をする事が、残念ながら唯一の設置可能条件となります。 ※各自治体により、独自に施工基準が設定されている場合があります。上記の原則基準より更に厳しいケースが多くお住まいの自治体の基準がすべてに優先します。
集合住宅用エコジョーズについて詳細はコチラ
カエッコハイスイスイドレンマジック