>> ガス給湯器TOP >>四角柱型TES熱源機について

四角柱型TES熱源機について

TESの種類と交換可能機種の見分け方

TESとは、都市ガス会社が販売するOEMメーカーの暖房機能付給湯器です。
築10年~20年の集合住宅に設置されている熱源機の多くは【松下製】AT-366RSA### AT-245RFA###など、ATから始まる型式のものが殆どです。
都市ガス会社OEMの機種の場合の交換機種はガスター製【IT】ノーリツ製【FT】などが当てはまります。
私達ガスペックを含むすべてのガス器具販売店は、OEMメーカーの機種は取り扱うことができない為、一般メーカー機種をご提案致します。
これらの交換可能機種はリンナイ製【RUFH】ノーリツ製【GTH】パーパス製【GH】となります。
但し、中にはOEM機種でしか販売されていない機種もあります。
こちらでは、そんな築20年~40年の集合住宅に多く設置されているOEM専用TES熱源機についてご紹介致します。

【 四角柱TES 】

AD-200 AD-160の型番から始まる熱源機
屋外ベランダ設置型
屋内直排気設置型 
屋内給排気筒延長型
どんなタイプの給湯器も設置可
暖房付熱源機を取り付けられない
風呂給湯器・給湯専用機であれば設置可能
風呂給湯器設置不可の場合もあり
排気筒の直径が6cmの場合はすべての排気筒の入れ替え工事が必須。

 

●ベランダ設置の場合    
施工前
 
施工後
ADシリーズ1
   
リンナイ製 20号オート エコジョーズ
RUF-E2004SAW(A) 工事費込み合計金額 約18万円
今回、こちらのお客様は暖房機能を外し給湯+追い焚きのみの風呂給湯器に変更をされました。
TESの暖房機能で使用できる室内機は床暖房・浴室暖房乾燥機・ファンコンベクター・エアコン・パネルヒーターなどがございますがこのADから始まる熱源機の場合ファンコンベクターを使用しているお客様が殆どです。
古くなった室内機を使用しない場合はこのように暖房を使わなくすることもできます。
こちらの機種はベランダ設置の為、問題なく交換が可能です。もちろん暖房付でも取付られます。
     
●廊下側パイプシャフト設置の場合    
施工前
 
施工後
ADシリーズ1
ADシリーズ1
     
     
このように廊下側に設置されている場合は、スペース的な問題により設置可能機種が限定される場合があります。
こちらのマンションのパイプシャフト内にはOEM機種以外の熱源機は寸法上取付られないため、給湯専用機に変更を致しました。
東京ガス熱源機の場合は見積り金額が40~50万円でしたが、約18万円まで金額を抑えられました。
     
一番の問題は屋内設置の場合です。屋内の場合は熱源機の煙突・給排気筒の問題により設置できないこともあります。
ADシリーズの煙突は直径6cmの細い管になります。この細い給排気筒の熱源機は都市ガス会社のみ販売しています。
一般販売されているリンナイやノーリツの熱源機は能力が一番低い16号タイプでも直径が8cmとなり熱源機を交換する場合は煙突すべてを交換しないといけません。

【交換可能条件】(AD-200FFD・AD-160FFD)
①熱源機上部から給排気筒が2本出ている場合は玄関脇に設置されている
②屋内に設置されているが、外壁に面した位置で給排気トップが直接外に出ている

※洗面所脇に設置されていたり、ベランダ方向に給排気筒が出ている場合は給排気筒をすべて入れ替える必要があります。
この場合、マンションの躯体の穴を広げなければならない為マンション管理組合様の許可が必要になります。
排気筒をすべて入れ替えた場合はかなり大がかりな工事になります。下記施工例をご覧ください。

給排気筒入れ替え工事 施工例



他社にできない工事もガスペックなら対応可能な場合がございます。
お客様のご希望に添えるよう全力でお答え致します!
TES熱源機交換でお困りのお客様!是非一度当社にお声をおかけ下さいませ!

無料お見積り