ガスコンロ・ビルトインコンロの買い替え・交換時期|【ガスペック】

>TOP >ガスコンロ・ビルトインコンロの豆知識 >ガスコンロの交換時期

ガスコンロの交換時期

ガスコンロの寿命

毎日の料理に使うガスコンロ。安全にお使いいただくため、
・寿命はどれくらいなのか
・買い換えをどう判断するか
・買い換えで具体的に何をするか
などについて見ていきましょう。
まず、ガスコンロの寿命です。使用頻度や手入れなど、使い方にもよりますが、10年前後が目安です。
ガスコンロは、ゴム製部品のひび割れ、金属部品の腐食など、部品の経年劣化により寿命をむかえます。
ふきこぼしを繰り返すなどして液体がかかると、ガス噴出孔がつまったり、金属部品の腐食が早まったりすることがあります。
これも寿命の要因になります。
また、2口、3口のコンロでは、いちばんよく使うものから寿命をむかえます。ひとつだけを交換することはできないので、すべて買い換えることになります。
さらに、メーカーがスペア部品の保証期間を10年程度に設定している点にも注意が必要です。その期間を超えると、修理できない場合があります。

ガスコンロの不具合

寿命だからとは限りませんが、ガスコンロにはさまざまな不具合が起こることがあります。場合によっては、火災やガス爆発、一酸化炭素中毒など、家や家族を危険にさらす事故につながる可能性もあるので、軽視しないで業者に点検を依頼するなど、きちんと対処するようにしてください。
・なかなか火が付かない、途中で消えてしまうガス噴出孔のつまり、ガス漏れなどのため、ガスの出が悪くなって起きます。異常加熱や不完全燃焼を防ぐ安全装置が作動して火が消える場合もあります。
・火がオレンジ色、鍋底がススで黒くなるガスと空気の混合比が不適正になり、不完全燃焼しています。空気取り入れ口の問題などが考えられます。
・異音がする、天板が異常加熱する不正燃焼や排熱の不具合が考えられます。この状態で使い続けるのはかなり危険です。ただちに使用を中止しましょう。
このほかにもありますが、軽く見ないことが大切です。

買い替えの判断①

「ガスコンロの不具合」で触れたような問題が起きたら、まずはメーカーや取り付け業者などに点検を依頼します。その業者が修繕した結果、買い換えなくてもよい場合もあるでしょう。逆に買い換えを考えた方がよい場合もあります。どちらの方が安全で経済的か。その判断のポイントを見てみましょう。
簡単な調整や部品交換だけで不具合が解決されるなら、もちろん買い換えの必要はありません。しかし、ガスコンロが古い場合、買い換えた方がよい場合があります。
まずひとつの目安に、「2008年より前の製品かどうか」があります。2008年から、すべてのガスコンロに火の消し忘れによる火災を防ぐための「調理油過熱防止装置」という自動消火装置の取り付けが義務づけられています。それより前の製品だと付いていないことがあります。その場合は、かなり古くなっていることもありますし、買い換えた方がより安全と言えるでしょう。

買い替えの判断②

次に、経済性の観点から考えてみましょう。
ガスコンロが古くなっている場合、部分的な調整・修理で一時的にはよくなっても、またすぐにほかの箇所が不具合を起こす可能性が高くなります。
業者に点検・修理を依頼すると、そのたびに出張費、部品代、作業工賃、消費税がかかります。すべての部品で経年劣化は同時に進んでいますので、直したところ以外の部品は古いままです。この先の修理頻度によっては、新品に買い換えた方が安上がりになるかもしれません。修理業者の意見も聞いてみてください。
また、「ガスコンロの寿命」で触れたように、「メーカーによる部品保証期間」の問題があります。部品によりますが、その保証期間は10年前後です。これを過ぎると、部品の取り寄せに時間がかかったり、あるいはまったく修理ができなることもあります。
ガスコンロの買い換えは、安全性と経済性、両方の観点から、じっくりご検討ください。

買い換えのとき、何をする?

ガスコンロがテーブル型かビルトイン型かによって大きく異なります。
テーブル型の場合は、ホームセンターや家電量販店などに買いに行くことになります。設置スペースの幅や奥行きを確認してから買いに行きましょう。2口や3口のコンロでは、最大火力の火口が右側にあるか左側にあるか、確認します。設置場所の壁から遠い側に最大火力のコンロが来る製品を選びましょう。設置は、基本的に自分で行います。
ビルトイン型だと話は少し大きくなります。
まず、価格がテーブル型の3~10万円に対し、7~20万円ほどになります。さらに、設置に工事が必要で、その費用もかかります。ガスコンロの購入と工事は、ガス会社の直営店、リフォーム会社、ホームセンターや家電量販店で注文できます。業者を比較したり競合させたりして、信頼できる業者を選んでください。アフターフォローの有無も忘れずにチェックしましょう。

古いガスコンロの処分

これはガスコンロがテーブル型かビルトイン型かによって変わることはありません。ガスコンロを廃棄するには、粗大ゴミとして捨てるか、不要品回収業者に引き取ってもらいます。
粗大ゴミなら、役所や金融機関で粗大ゴミシールを購入して貼ります。そのうえで、自治体が決めた粗大ゴミ集積所に持って行って捨てます。粗大ゴミの回収手続きには、自治体によって細かいちがいがありますので、確認してください。
不要品回収業者の場合、連絡すれば自宅まで取りに来てくれますので、自分で集積所まで持って行く必要がなくなります。ガスコンロは大きくて重いので、これは大きなメリットです。
さらに、業者によっては、状態の良いガスコンロなら買い取ってくれることもあります。そうはいかなくとも格安で引き取ってもらえますし、ほかの不要品もいっしょに引き取ってもらえば、さらに割安になるので、検討する価値はあります。

  激安の住設機器専門店住設館