エコウィル(ECOWILL)からの交換|業界最安値に挑戦【ガスペック】

>TOP >エコウィル(ECOWILL)からの交換

エコウィル(ECOWILL)からの交換

エコウィルから最新型給湯器機器へ交換しましょう。 エコウィルから最新型給湯器機器へ交換しましょう。 エコウィルから最新型給湯器機器へ交換しましょう。

エコウィル(ECOWILL)とは、都市ガス会社が販売する発電式ガス給湯暖房熱源機です。

エコウィルは給湯器メーカー各社(ノーリツ・パーパス・長府)と国産車メーカーの本田技研工業が共同で開発した製品です。

エコウィルの各ガス会社での新規申し込み受付は2017年9月30日で終了し、本田技研工業の発電システムも同年12月で提供を終了しました。

初期に製造されてから十数年経過し、最近では弊社でもこのエコウィルからの交換需要が増えてきています。

私達ガスペックでは、エコウィルからの交換は2通りのご提案をさせていただいております。

1つは潜熱型ガス給湯暖房熱源機への交換(交換費用約35万円)です。

もう1つはハイブリッド給湯暖房熱源機への交換(交換費用約60万円)です。

ガス会社の場合、エコウィルからの入れ替えは99%『エネファーム』で提案されます。導入費用100万円以上

潜熱型ガス給湯暖房熱源機(エコジョーズ)へ交換した場合

エコウィルからエコジョーズ

エコウィルの電気代節約費は約40%(メーカー基準値)と言われていますが、その分ガスでエンジンを稼働させているので通常よりガス料金は割増しになっていると思われます。

エコジョーズなら従来製給湯器に比べガス代が10~15%削減されますので、エコウィルからの入れ替えであれば更にガス料金が抑えられます。

導入事例

施工前

ノーリツ製エコウィルST-151GTH242Aからの交換です。

エコウィルは基本電源は200Vですが、新しく取り付ける給湯器は100V仕様なので、200Vから100Vに変換する電気工事も必要となります。

施工後

今回はノーリツのGTH-Cシリーズへ交換しました。

見た目もスッキリしてかなりコンパクトになりました。

作業時間は3時間ほどです。

ハイブリッド給湯器へ交換した場合

エコウィルからハイブリッド給湯器

ハイブリッド給湯器は現在リンナイ・ノーリツの2メーカーで販売されています。

ヒートポンプでお湯を沸かし、足りなくなった分をガスで補うまさにハイブリッド式の給湯器です。

組み込まれている給湯器はエコジョーズ仕様で、従来のガス給湯器に比べなんと50%もガス料金を削減できる画期的な給湯器です。

光熱費大幅削減したい方はハイブリッド給湯器がお得です

ハイブリッド給湯器

ノーリツ製エコウィルST-151GTH242Aからの交換です。

ハイブリッド給湯器導入費用は約60万円~になります。(既存機器撤去処分費用も含む)導入費用も「エネファーム」に比べると圧倒的に安く、エコエイルで発電した電気料金の負担軽減割合よりも大きいガス料金削減率。当社おすすめの給湯器です。

ハイブリッド給湯器詳細ページ

基本的にエコウィルからの交換は現地調査が必須となります。写真だけでのお見積もり作成は行っていません。お見積もりに関しては一度お電話にてお問い合わせください。

他社にできない工事もガスペックなら対応可能な場合がございます。

お客様のご希望に添えるよう全力でお答え致します!

エコウィルからの交換でお困りのお客様!是非一度当社にお声をおかけ下さいませ!

お見積り依頼はコチラ お見積り依頼はコチラ