レンジフード・換気扇の買い替え・交換時期|【ガスペック】

>TOP >レンジフード・換気扇の豆知識 >レンジフードの交換時期

レンジフードの交換時期

レンジフードの交換時期について

毎日使うというご家庭が多いほど、キッチンコンロの上についている「レンジフード」は必要不可欠なキッチン設備です。 大きめの設備であるため頑丈そうにみえますが、徐々に「吸い込みが悪い」、「汚れがひどくなって手に負えない」と感じはじめたときには、思い切って「レンジフードを交換」してしまうのも一つです。 さて、そこで気になってくるのが「レンジフードの交換時期」についてです。 レンジフードをいつ交換しようかと悩んでいるときには、『耐用年数』を目安に交換のきっかけにすることをおすすめします。 メーカーや機種などにも異なりますが、一般的なレンジフードの耐用年数は「10年程度」とされています。 購入から10年近く経っていて性能が落ちていると感じるときはもちろん、大きな変化は見られなかったとしても、全く使えなくなるリスクを回避するためには、レンジフードの耐用年数を目安に新しいものに交換してしまったほうが安心です。 ●煙や臭いの吸い込みが悪い ●キッチンやリビング内のこもった感じ ●壁や天井の汚れがひどい ●手に負えないくらいの汚れ ●異音がする ●振動を感じる ●ファンの回転が不規則でおかしい ※これからも安全で清潔にキッチンを使うためにも、レンジフードの交換時期を知らせる、このようなサインを感じたときには、耐用年数に達する前であっても思い切って新しいものに交換したほうが安心です。

レンジフードの交換時期を知るためのサインとは?

耐用年数が過ぎている「レンジフード」であっても使える場合が多いため、交換するタイミングを逃してしまっている方も多いのではないでしょうか。 一般的なレンジフードの耐用年数は10年程度とされているため、「どのタイミングで交換したら良いかと」お悩みの際には、この時期に合わせて新しいレンジフードに交換されることをおすすめします。 そして、以下のようなサインが現れたときにも「レンジフードの交換時期」だと考えて、新しい機器に交換したほうがいいでしょう。

レンジフードの交換時期を逃すとどうなる?

料理をするときに必要なキッチン設備の一つ、それが「レンジフード」です。 レンジフードをいざ交換しようと思っていても、「まだまだ使えるのでは…」と悩んでいるうちに、結局交換するタイミングを逃してしまっている方も少なくないようです。 ただ、レンジフードの周りについた汚れをマメに掃除をして拭き取っているご家庭でも、ファンの吸気能力が低下してしまうと、調理で発生する匂いや煙がうまく排気されずにキッチン内やダイニング、それにリビング内にこもってしまう場合があります。 吸気能力が低下したことで、匂いや煙がソファやクッションに付いてしまったり、油分が充満して壁や天井を変色させてしまったり、ということがあるため注意が必要です。 また、最悪の場合は知らぬ間にガスがこもってしまい、ガス中毒を引き起こす、火事の元になる、といった危険なケースもあるため、安全にキッチンを使用するためには大きな故障がなくても、耐用年数などを参考にレンジフードの交換時期と考えて、新しい機器に一新してしまったほうがいいでしょう。

耐用年数を目安にレンジフードの交換時期を計る

レンジフードを交換するタイミングの目安にしていただきたいのが、レンジフードの「耐用年数」であり、一般的なレンジフードの耐用年数は「約10年」といわれています。 はじめて取り付けたときから7、8年ほどすると、徐々に不具合が生じてきますし、気づかないうちレンジフードの排気能力が落ちている場合があります。 そのため、「いつものようにレンジフードを使おうと思っていたら、急にファンが回らなくなって使えない…」といった事態に陥らないように、可能であれば最悪の事態に備えて早い段階でレンジフードを新しいものに交換しておいたほうが安心です。 レンジフードによっては修理などで解決できる問題もありますが、長く使っているレンジフードや、使用頻度の多さによっては、「修理をしたばかりなのに、また他の箇所に不具合が生じる」といった場合もあります。 何度も修理が必要になれば、その分修理費用がかさんでしまうため、トータルコストで考えると新しい機器に『交換』してしまったほうがコストを安く抑えられる可能性が高いといえるでしょう。

レンジフードの交換時期と一緒にみておきたいキッチン設備

家の中にある他の設備がそうであるように、キッチンに設置されている「レンジフード」もまた、使い続けていれば徐々に寿命が近づき、そのパフォーマンスも低下していきます。 見た目はそれほど劣化していないように見えても、実際には想像以上に劣化が進んでいるということもあるため、思わぬトラブルに生じさせないためにも、耐用年数などを参考に「レンジフードの交換時期」について検討しておくと良いでしょう。 比較的サイズが大きなレンジフードですが、新しい機器への交換作業は半日もあれば完了します。 そのため、可能であればレンジフードの交換時期と一緒に、他のキッチン設備も思い切って交換してしまうことをおすすめします。 例えば、レンジフードと一緒に使うキッチン設備といえば「レンジフード」です。 レンジフードと同じく、レンジフードの耐用年数も一般的に10年程度とされていることから、レンジフードの交換時期と一緒にレンジフードも一新してしまいましょう。 同時に工事をすることで「同時工事割引」が適用されて、さらにお得になるため大変おすすめです。

お手入れをしているとレンジフードの交換時期が分かる

毎日使うことが多いレンジフードは、「動いているから、まだまだ使えるのでは?」、「特に目立った問題はないから、まだ交換は必要なさそう」と考えてしまいがちですが、レンジフードの交換時期を逃したことが原因で思わぬトラブルが起きてしまう可能性があるため注意が必要です。 キッチン周りは食品を多く扱うことから常に清潔な状態にしておくことがベストですが、それと同時にレンジフードもきちんと“お手入れ”をすることで、「レンジフードの交換時期」の目安に気がつきやすくなります。 たとえば、定期的にレンジフードをお手入れしているのに「吸い込み効率が悪いと感じる」、「壁や天井への油汚れが気になる」、「ファンを回転させたときに異音がする」といった機器の不調や不具合を感じるときには、レンジフードの交換時期を知らせるサインといえます。 他にも、これまでより「掃除をしても綺麗になりにくい」というときには、レンジフードが寿命を迎えている可能性が高いため、新しい機器に『交換』することをおすすめします。