レンジフードのお手入れ|業界最安値に挑戦【ガスペック】

>TOP >レンジフード・換気扇の豆知識 >レンジフードのお手入れ

レンジフードのお手入れ

レンジフード選びをするときは「お手入れのしやすさ」が決め手?

調理がしやすいことはもちろん、いつでも清潔で快適なキッチンを計画するためには、「レンジフードの選び方」がとても重要なポイントになります。 見た目の大きさから目立つ存在でもあるレンジフードは、どういった機種を選び、どこに設置するかによって吸い込み能力の高さ、見栄えの良さ、そしてお手入れのしやすさ等が変わってきます。 特に清潔なキッチンを保つためには、「お手入れのしやすさ」という面は非常に重要なポイントになります。そのため、レンジフードを選ぶときには、各機種の特徴などをよく把握することはもちろん大切ですが、それと同時に「油汚れがつきにくい」、「スリムな形状で汚れが入り込みにくい」、「親水性塗装されている」等の魅力的な特徴があると安心です。 最新のレンジフードには汚れにくい上に、掃除やお手入れが簡単な機種が沢山あるため、最終的にどのレンジフードを選んだら良いかで迷ったら、お手入れのしやすさを決め手に選ぶのも一つです。

レンジフード汚れの多くは頑固な油汚れ

ちょっと掃除を後回しにしてしまうと、すぐに頑固な汚れが溜まってしまうキッチン設備、それが「レンジフード」です。 その機能上、調理の際に発生する煙や匂い、それに油分や水蒸気を吸い込むことから、放ってしまうと、どうしても汚れがびっしり付いてしまって大変です。 レンジフードのお手入れを先伸ばしにしても良いことはないので、付いている汚れの種類に合わせて適切なお掃除をしていきましょう。 レンジフードに付きやすい汚れ、それはやっぱり「油汚れ」です。油でベトベトになってしまったフィルターやフードの内側などは、台所用洗剤でキレイに落とします。なかなか落ちない頑固な汚れはキッチンペーパーや布巾などに洗剤を付けて、少しのあいだ放置することで汚れが落ちやすくなります。 また、油汚れのほか、フィルターには調理による匂いがつくことがあります。これも長く放置した油汚れが原因となっているため、匂いの原因のもとをお掃除でキレイに解消することで問題が解決されるはずです。

汚れがひどくなる前に掃除をすることが大事

キッチンシンクなどとは違い、複雑な構造をしているレンジフードは「お掃除が難しいのでは?」と、結局汚れをそのままにしてしまっているご家庭も多いのではないでしょうか。 ただ、このようなレンジフードの汚れを放置してしまうと、油汚れが積み重なってしまい、簡単なお掃除では汚れが全く落ちないということに成りかねないため注意が必要です。 レンジフードは機種によって構造や仕組みなどが異なりますが、お掃除方法はどれもそれほど難しくありません。 レンジフードを購入した時に付いてくる取扱説明書を参考に、取り外せる部品はすべて取り外して丁寧にお掃除をしておきます。汚れがひどいと感じたときには、洗剤を入れた水に部品を浸けておくとで、頑固な汚れが浮いて落ちやすくなります。 最近は、レンジフードのお手入れのしやすさに強くこだわり設計されている機種が増えています。ノンフィルタータイプのレンジフードであれば、整流板についた汚れだけを拭くだけでOKですし、自動洗浄機能が付いたレンジフードであれば油の受け皿に付いた汚れだけを洗うだけでOKです。

レンジフードをお手入れするときに注意したいこと

毎日使うレンジフードは、キッチン周りの設備の中でも特に汚れがつきやすい上、油分といったしつこい汚れも多いことから、汚れがひどくなる前にできるだけ早くお掃除をしておくことが大切です。 マメにお掃除をしながら、長く大切に使い続けていくためにも、レンジフードをお手入れするときの注意点を押さえておきましょう。 頑固な汚れが蓄積しているときには浸け置きをして汚れを落とす場合もありますが、そのような時には電気パーツに触れてしまわないように気をつけましょう。水や洗剤をかけたことで故障の原因になることもあるためです。 また、洗剤を使って油汚れを落とすことになりますが、その場合は洗剤の洗い残しがないように注意しましょう。汚れだけでなく、洗剤の残りが付いていると、そこからカビが繁殖する恐れがあるためです。 一口にレンジフードといっても、機種によって構造などが異なるため、それぞれの機種で指定されているお手入れ方法を参考にしながら丁寧に汚れを落とすことが大切です。

バーナー・五徳まわりのお手入れ

いつかしようと思っているのに、なかなか手を付けられないで結局汚れがひどくなってしまう住まいの設備、それが「レンジフード」です。 油汚れなどが付いたままの状態では、不衛生ですし、特に食品を扱うキッチンとしては最も避けたい状態です。 レンジフードについた長年の汚れは、布巾で拭いただけではなかなか落ちることはありません。そのため、いざという時には、専用の洗剤に長時間浸け置きをする、内部の部品を細かく分解して各パーツを丁寧に掃除するといったことが必要です。 また、長年積み重なった汚れは、思いのほか大掛かりな作業になってしまうため、汚れが飛び散ることを防ぐためにもキッチン周りをしっかり養生しておくことも大切です。 徹底的にレンジフードをキレイにしようと思っても、どうしても思い通りに綺麗にならないという時には、お掃除のプロにお願いする方法も一つです。無理に掃除をして部品や電気系統が故障してしまうリスクを防ぐためにも、本当に汚れがひどく、手に負えないときにはプロに任せたほうが安心です。

レンジフードについた長年の汚れは本当に厄介です…

いつかしようと思っているのに、なかなか手を付けられないで結局汚れがひどくなってしまう住まいの設備、それが「レンジフード」です。 油汚れなどが付いたままの状態では、不衛生ですし、特に食品を扱うキッチンとしては最も避けたい状態です。 レンジフードについた長年の汚れは、布巾で拭いただけではなかなか落ちることはありません。そのため、いざという時には、専用の洗剤に長時間浸け置きをする、内部の部品を細かく分解して各パーツを丁寧に掃除するといったことが必要です。 また、長年積み重なった汚れは、思いのほか大掛かりな作業になってしまうため、汚れが飛び散ることを防ぐためにもキッチン周りをしっかり養生しておくことも大切です。 徹底的にレンジフードをキレイにしようと思っても、どうしても思い通りに綺麗にならないという時には、お掃除のプロにお願いする方法も一つです。無理に掃除をして部品や電気系統が故障してしまうリスクを防ぐためにも、本当に汚れがひどく、手に負えないときにはプロに任せたほうが安心です。